八戸市八戸酒類 八鶴&蔵物語

早いもので今日から
2月 ですねぇ!
青森県の蔵元もいろいろと新酒のお酒が出来上がって
きました!!!037.gif

本日ご紹介の日本酒は、
青森県八戸市にあります、
「八戸酒類」 様
八戸工場;八鶴・蔵物語
五戸工場;如空
三戸工場;三戸のどんべり
~~~~~~~~~~~八鶴の歴史~~~~~~~~~~~~~~~
八鶴は創業が江戸時代後期、
天明6年(1786年)11代将軍徳川家斉(いえなり)の時代。
もともとは呉服商で身をたてていた初代橋本八右衛門(はちうえもん)が、
酒屋を買い取って酒造りをはじめましたが商売っけがうすく、
6代目橋本八右衛門照訓(てるみち)から本格的に取り組みはじめました。
大正時代になり、大蔵省から江田鎌治郎氏を招き技術指導を
受けその後醸造技術が劇的に向上し、他県にも劣らない品質の
お酒を造れるようになったとの事。そして現在もその伝統を受け継ぎ
酒造りをつづけています。
ちなみに現在の八鶴のロゴは横山大観にかいてもらったもので、
筆書き料は清酒四斗樽だったと伝わっています。ちなみに現在は八代目。
現在の協会酵母10号の発祥蔵ともいわれています。
                八鶴HPから抜粋
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
歴史ある八戸酒類(八鶴)様から
今回ご案内いたします。
お酒が八戸工場にて醸造いたしました、
1;八鶴 純米 荒ばしり 原酒
2;蔵物語 しろうま 吟醸純米かすみにごり生原酒
の二種類です。

※写真
1;八鶴 純米荒ばしり 原酒
  ■ 原料米 ・・・ 華吹雪    ■ 精米歩合・・ 60%
  ■ A度数 ・・・ 18.8度    ■ 日本酒度・・ +3
  ■ 酸度   ・・・ 2.0
  ■ 価格 720ml ・・ 1.300円  180ml ・・ 330円
  (上価格は、税込み価格です。1.8L販売はありません。)

※写真
2;蔵物語 しろうま
      吟醸純米かすみにごり生原酒

  ■ 原料米 ・・・ 華想い    ■ 精米歩合・・ 50%
  ■ A度数 ・・・ 18度     ■ 日本酒度・・ +3
  ■ 酸度   ・・・ 1.5
  ■ 価格 720mlのみ ・・・ 1.650円

どちらも冬季限定のお酒となりますので
是非この機会に酒槽から搾られた新酒の
味をご賞味ください。
ご注文お待ちしております。

松田屋
販売管理責任者  荒川 和行
[PR]
by matudaya2008 | 2010-02-01 12:19 | 日本酒

地酒応援隊


by matudaya2008